自宅の屋根以外にも建てられる|太陽光発電を取り入れるメリット

屋根がなくても宮城で太陽光発電が可能

補助金が受けられる

国を挙げて太陽光発電の導入を図っている日本では、市役所にいくといくらか補助金を受け取ることが可能です。ですので、お金がないけれど、環境のことを考えてこちらを導入したいのならこの方法を念頭に置いておくといいでしょう。

設置する際のポイント

no.1

日照時間

太陽光発電は日照時間が長ければ長いほといいとされています。ですので、雨や雪が降りにくい地域にいるのなら、こちらを導入するべきです。そうすることによって、コストダウンを実現することができるようになるでしょう。

no.2

角度が肝心

自宅に太陽光発電を設置するなら太陽が出る南向きになるようにしなければなりません。特に、屋根が変形している場合は、設置する際に注意が必要です。ですので、予め南はどちらにあるのか方角を調べておくといいでしょう。

no.3

日影条件を把握する

建物の陰に隠れてしまうと、せっかく太陽光発電を建てても意味がなくなってしまいます。ですので、周りに大きなビルなどがある場合は避けた方がいいでしょう。反対に日当たり良好ならすぐに設置をすると電気代を浮かせます。

no.4

湿度に注意

湿度が高かったり雨が多かったりすると、太陽光発電の力を発揮することができないので、不向きといえるでしょう。ですが、晴れの日が多いところならいつでも利用することができるので、導入してみる価値はあるといえるのです。

no.5

土地が広いことが鍵

太陽光発電を取り入れるには1つでも十分効果がありますが、多く在った方が威力を発揮することができるでしょう。また、お金があるのなら、広い土地を買ってから建てた方がのちのちお得になるので、試してみるといいかもしれません。

自宅の屋根以外にも建てられる

太陽光発電の家

物置でも大丈夫

宮城県に自宅はあるけれど雪よけのために斜めの屋根を取り入れているところが多くあります。しかし、自宅にある物置の上にも太陽光発電は設置することができるので、これを機会に取り入れてみてもいいかもしれません。

車の上でも可能

今の太陽光発電は非常に軽量のものも存在するので、屋根が不向きなら、宮城の自宅のカーポートに導入するといいでしょう。また、軽量なら耐震性を気にしなくてもいいので、強度の弱いところでも気軽に建てることが可能になるのです。

土地を活用

宮城の業者には、土地があれば太陽光発電を設置することがでるところがあります。ですので、土地にそのまま置くだけで、自宅の光熱費を浮かせることができるでしょう。土地を持っているのなら、有効利用するべきです。